ここから本文です

【NBA】D.ハワードが地元凱旋、ホークスと3年総額7050万ドルで合意!

ISM 7月2日(土)12時43分配信

 現地1日、このオフにヒューストン・ロケッツからフリーエージェント(FA)になったセンターのドワイト・ハワードが、アトランタ・ホークスと総額7050万ドル(約72億3,000万円)の3年契約で合意したことがわかった。

 これは米国の大手ポータルサイトが運営する『ヤフースポーツ』がリーグ関係者の話として伝えたもので、アトランタ出身のハワードは、地元凱旋に意欲を持っていたようだ。同選手は2日に他チームと面談を予定していたが、ホークスと合意に至ったため、それらをキャンセルしたという。

 また、同サイトによると、平均年俸2,350万ドル(約24億1,000万円)は、現時点でFAのセンターの最高額。ホークスはハワードと合意に至ったことで、チームからFAになったアル・ホーフォードとケント・ベイズモアのいずれか1選手としか再契約を結べない可能性が高まったとのこと。

 2004年ドラフト全体1位指名でプロ入りしたハワードは、これまでオーランド・マジック、ロサンゼルス・レイカーズ、ロケッツに所属し、キャリア通算で17.8得点、12.7リバウンドをマーク。オールNBAファーストチーム入り5回、最優秀守備選手賞3回選出を誇り、マジック時代の2009年にはNBAファイナル進出を果たした。

 今夏のFA市場はビッグマンが豊富で、交渉解禁初日に早くもハワードを含め、ハッサン・ホワイトサイド(ヒート)、ジョアキム・ノア(ニックス)、ティモフェイ・モズゴフ(レイカーズ)、アル・ジェファーソン(ペイサーズ)が合意に至った。

最終更新:7月2日(土)12時43分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]