ここから本文です

YOSHIKITTY、「サンリオ・キャラクター大賞」で7位

BARKS 7月2日(土)19時3分配信

7月2日、第31回「サンリオ・キャラクター大賞」の結果が発表され、総勢100キャラクター中、YOSHIKITTY(ヨシキティ)が7位をマークした。YOSHIKITTYは昨年初めて選出され、その年は初参戦にも関わらず12位と健闘していた。

◆YOSHIKITTY画像

実在する人物のキャラクターとしては史上初で唯一の選出となるYOSHIKITTYだが、今年で参戦2年目となるYOSHIKITTYは投票数307105票で7位と健闘、5位のハローキティに迫る勢いだった。ちなみに1位はポムポムプリン、2位はシナモロール、3位がマイメロディ、4位ぐでたま、5位ハローキティ、6位リトルツインスターズという結果で、それに続くのがYOSHIKITTYだった。

なお、今年から新たに追加された投票“なでる投票”(スマートフォン画面で好みのキャラクターをなでる時間で競う)では7位のハローキティを抜いて、2822時間5分4秒で3位と大健闘している。

「ハローキティやマイメロディと並んでトップ10に入った事は本当に光栄です。この調子でいくとYOSHIKITTYはそのうち自分より有名になりそうですね(笑)」──YOSHIKI

ハローキティとのコラボレーションで2009年に誕生したYOSHIKITTYは、最初に登場したスタンダードからナースやピアノ、ドラム、キモノ、Xポーズ、最新のエンジェルといった様々なバージョンが誕生している。YOSHIKIは、2014年アメリカ・ロサンゼルスで初めて行われたハローキティ40周年記念イベント<HELLO KITTY CON>にてハローキティのオフィシャル・テーマソング「HELLO, HELLO」を披露した。

最終更新:7月2日(土)19時3分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。