ここから本文です

テクノロジーの発達した現代において、あえて中世の手法で城を建てるプロジェクト

ギズモード・ジャパン 7月2日(土)12時10分配信

完成前に訪ねてみたい…。

フランスはパリから2時間のところにあるゲドゥロン城。中世に建てられたようにみえるこのお城は、なんと現在、築城中です。それも現代の手法は一切使わず、中世当時の技術と道具だけを用いて組み立てようとしているそうで。つまり、石やタイルなど建築資材の調達からして、数百年前と同じ手法で行なっているのです。

1997年から着手されたこの城の建設は、完成までには25年かかるとされているので竣工はまだ先のこと。ですが、21世紀に生きる現代人が当時の手法で13世紀の城を建てるプロジェクトは人々の注目を集め、未完の城ではあるもののすでに観光地となっています。

ゲドゥロン城についてさくっと知りたいならこの動画(https://youtu.be/CboJzrDhoSk)、プロジェクトについてじっくりと観たいならBBCによる1時間22分のドキュメンタリー(https://youtu.be/2-wBYErO8qc)をどうぞ。

1997年から作りはじめたというのも驚きですが、完成に25年もかかるとはさらに驚きます。「中世の様式の城が中世の手法によって現代に建てられる」、なんとも不思議な面白さ...。

Casey Chan - Gizmodo SPLOID

最終更新:7月2日(土)12時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]