ここから本文です

「一度降りて給油」可能に 東海北陸道・福光ICで路外給油の社会実験開始へ

乗りものニュース 7/2(土) 7:00配信

実験期間は7月15日から1年

 NEXCO中日本は2016年7月1日(金)、高速道路上での燃料切れ防止を目的として、7月15日(金)から1年間、東海北陸道の福光IC(富山県南砺市)で「路外給油サービス」の社会実験を行うと発表しました。

【高速道路2015渋滞ワーストランキング】

「路外給油サービス」とは、指定のICから一時流出し、周辺にある高速道路外の指定ガソリンスタンドで給油し、再び高速道路に戻っても、通行料金を目的地まで連続して走った場合と同額に調整するというものです。

 対象はETC車。福光ICの近くにある次のガソリンスタンドのいずれかで給油し、1時間以内に福光ICから東海北陸道に戻ることが条件です。

・昭和シェル石油 城端SS:年中無休、午前7時~22時営業
・ENEOS 金田城端SS:年中無休、午前7時~20時(日曜・祝日午前8時~18時)営業

 給油の際にはガソリンスタンドのスタッフに「高速道路からの一時流出」である旨を伝え、ガソリンスタンドの事務室内にあるインターホンでETCカードの確認手続きをします。また、福光ICでは、最初の進行方向と同じ方向に進入する必要があります。

 東海北陸道のひるがの高原SA(岐阜県郡上市)と北陸道の有磯海SA(富山県滑川市、魚津市)のあいだは、およそ150kmにわたりガソリンスタンドがありません。NEXCO中日本ではこれまで、燃料切れ対策として、東海北陸道・城端SA(富山県南砺市)で緊急対応としてガソリン缶の販売を行ってきましたが、さらなるサービスの向上を目指し「路外給油サービス」の社会実験を期間限定で実施するとしています。

乗りものニュース編集部

最終更新:7/5(火) 11:23

乗りものニュース