ここから本文です

ファジアーノ岡山の矢島が五輪初出場 日本サッカー協会がリオ代表発表

山陽新聞デジタル 7月2日(土)0時10分配信

 日本サッカー協会は1日、リオデジャネイロ五輪の男子日本代表18人を発表し、J2ファジアーノ岡山のMF矢島慎也(22)が選ばれた。矢島は初の五輪出場。

 同チームから初めての五輪選手。県協会によると、男子の岡山勢では1956年メルボルン五輪に出場した高森泰男氏(故人)以来、60年ぶり2人目となる。

 矢島は高い技術とパスで好機をつくる攻撃力が持ち味。流れを読んで試合をコントロールし、得点力もある。U―19(19歳以下)を皮切りに各年代別代表を経験し、U―23日本代表ではサイドハーフやボランチを務める。J1浦和からファジアーノに期限付き移籍して2年目。J1通算12戦1得点、J2通算55戦11得点。埼玉県出身。

最終更新:7月2日(土)0時52分

山陽新聞デジタル