ここから本文です

第4シードのワウリンカ 逆転許し2回戦敗退、デル=ポトロに敗れる<男子テニス>

tennis365.net 7月2日(土)0時34分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は大会5日目の7月1日、男子シングルス2回戦が行われ、第4シードのS・ワウリンカ(スイス)が世界ランク165位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)に6-3, 3-6, 6-7 (2-7), 3-6の逆転で敗れ、早期敗退を喫した。

錦織vsクズネツォフ 1ゲーム速報

この日、現地は天候が不安定で雨も降っていたため、センターコートは屋根が閉められた状態で試合が行われた。

第1セットでデル=ポトロに1度もブレークを許さなかったワウリンカだったが、第2セットからミスが目立ち始めると流れはデル=ポトロに傾き始め、自身に引き戻せずに2時間44分で敗れた。

過去のウィンブルドンでワウリンカは2014・2015年のベスト8進出が最高成績だった。

今季はツアー3勝をあげ、5月の全仏オープンでは4強入りを果たすも、前哨戦のAEGON選手権では初戦敗退を喫していた。

一方、勝利したデル=ポトロは3回戦で、第32シードのL・プイユ(フランス)とD・ヤング(アメリカ)の勝者と対戦する。

現在27歳のデル=ポトロは2009年の全米オープンでグランドスラム初優勝を飾り、翌年には世界ランク4位を記録。しかし、近年は度重なる怪我に悩まされ、昨年は2大会しか出場することが出来なかった。

その後、今年2月のデルレイ・ビーチ・オープンで11カ月ぶりのツアー復帰を果たし、6月のメルセデス・カップではG・ディミトロフ(ブルガリア)、G・シモン(フランス)らを破り4強入り。

過去のウィンブルドンでは、2013年にベスト4進出を果たしている。

tennis365.net

最終更新:7月2日(土)0時34分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]