ここから本文です

ASUKA(華名)が王者として凱旋し日本のファンの前で勝利!「日本の女子プロレスは工夫が必要」

バトル・ニュース 7/2(土) 2:51配信

 1日、東京・両国国技館にて開催された『WWE LIVE JAPAN』の第4試合でNXT女子選手権試合が行われた。

 昨年WWEへと渡った華名ことアスカがNXT女子王者として日本に凱旋!無敗での王者君臨となり“世界のアスカ”として活躍中だが、この日大会開始前に行われたVIPパーティーでは「私がWWEに入ることによって面白くなるだろうって事は常々言ってきましたから、現に今も面白くなってると思います。日本に居た時も海外に向けて発信してましたし、WWEで活動していっても受け入れられるだろうなという自信はありました」と自信を持って語り、日本の女子プロレス界について聞かれると「私がWWEに入った事によって日本の女子の選手もトライするキッカケになるかなと思ってます。けど、女子プロのスタイルが濃ければ濃いほど、何かしらの工夫をする必要があるんじゃないかなと思いますね。入って実際に体験してそう感じました」とこれから世界を目指す日本の女子プロレスラーへアドバイスを送った。

 試合はナタリアが優位に進めると「なめんじゃねーぞこんにゃろー!」とヒップアタックを叩き込み流れを引き戻し、アンクルホールドで捕らえた後アスカロックでギブアップを奪い見事王座防衛に成功した。

最終更新:7/2(土) 4:36

バトル・ニュース