ここから本文です

【プラモデル、クマ作り、阪神狂い…】映画俳優たちの「意外な趣味」特集

dmenu映画 7/2(土) 21:00配信

有名俳優と言えど、オフになれば一人の人間として、プライベートな時間を楽しんでいるはず。友人と遊びに行く人や、家族サービスをする人、中には、自身の趣味に打ち込む人もいるでしょう。では、芸能人が実際に興じている趣味には、一体どんなものがあるのでしょうか? 今回、あまりに熱中していたり、一風変わっている趣味をもつ俳優をまとめてみました。

1:渡辺謙(熱狂的阪神ファン)

ハリウッドスター・ケン・ワタナベは熱心な虎党として有名。ロサンゼルスに拠点を移した現在は、インターネットでチーム情報をくまなくチェック。シーズン中に日本へ訪れようものなら、隙あらば甲子園球場に顔を出し、バックネット裏などで応援しています。しかも、目立たないようにと静かに声援を送るのではなく、試合展開に合わせて、派手に一喜一憂。アメリカ仕込みのオーバーリアクションは、かなり遠めで見ても、渡辺謙だと分かります。オフシーズンにはキャンプにも視察へいくという、まさに阪神ファンの鏡です。
反対に娘の杏は、巨人ファン。かつて父との確執が噂されましたが、野球観の違いが袂を分かつ原因だったのでしょうか?

2:石坂浩二(プラモデル製作)

同じく阪神ファンの石坂浩二ですが、彼には阪神の応援以上に熱中する趣味があります。それがプラモデル作りです。何でも、俳優人生におけるスランプを脱するきっかけを与えてくれたのが、プラモデルなのだとか。それ以降、模型製作に没頭。「日本プラモデル工業協同組合」の特別顧問へ就任したり、団塊の世代を対象としたプラモデル愛好団体「ろうがんず」を結成するなど、愛好家としての活動は多岐にわたります。

3:鈴木亮平(他人の旅行のプラン作り)

NHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』で、吉高由里子演じるヒロインの夫を演じ、一躍脚光を浴びた鈴木亮平。その後は、映画『HK 変態仮面』で体重15キロ増のマッチョ体型、ドラマ『天皇の料理番』では20kg減のガリガリ、『俺物語!!』では30kg増の巨漢といったように、作品ごとで体型をコロコロと変える、凄まじい役作りを敢行する役者としても知られています。

そんな彼の趣味は、他人の旅行のプラン作り。日本テレビの情報番組『スッキリ!!』でその特技を披露しており、司会・加藤浩次に南アフリカ家族5人旅をプランニングしてあげていました。 旅費はなんと総額365万円。趣味に関しては、金に糸目を付けない人なのだと考えられます。
他にも、英検一級をもっていたり、世界遺産検定1級を取得していたりするなど、どうやら異文化への興味関心が非常に強いようです。

1/2ページ

最終更新:7/2(土) 21:00

dmenu映画

なぜ今? 首相主導の働き方改革