ここから本文です

【サンリオ大賞2016】ポムポムプリン初の連覇 2位シナモロールに大逆転勝利【動画付き】

オリコン 7月2日(土)18時55分配信

(C)ORICON NewS inc.

 今年で31回目となるサンリオの人気キャラクター投票企画『2016年サンリオキャラクター大賞』の最終結果が2日、東京・サンリオピューロランドで発表され、80万7389票を獲得したポムポムプリンが昨年に引き続き大賞に輝き自身初の連覇。昨年18年ぶりに1位を獲得し、20周年を迎えた今年も勢いそのままに快挙を達成した。

 初日速報1位、中間発表では2位となり連覇が危ぶまれていたが、2位のシナモロールと約7万票の差をつけ、大逆転勝利となった。3位はマイメロディ、4位ぐでたま、5位ハローキティ、新人賞にはリルリルフェアリルとアグレッシブ烈子がランクイン。

 ランキングは50位から順に発表され、新人賞の発表をはさみ、5位から1位の発表では会場は緊張の雰囲気に。最後に1位の大賞として名前を呼ばれて登場したポムポムプリンは「昨年もびっくりだったけど今年もまたびっくりです」と喜びを表現。感想を聞かれ「連覇できたこと、そして20周年に1位になれたこと、ほんとうにうれしいです。のんびりでマイペースなぼくだけど、これからもどうぞよろしくお願いします。本当にありがとう~」とファンに感謝と喜びを伝えた。

 『サンリオキャラクター大賞』は1986年にサンリオの月刊『いちご新聞』誌上でスタート。31回目となった今回も総勢100組のキャラクターがエントリーし、投票数は777万5240票を記録し過去最多となった。今年から公式サイトでの投票に加え、スマートフォン上でキャラクターをなでて投票する「なでる投票」を導入。このなでられた時間でランキング付けする「なで時間ランキング」でも、ポムポムプリンが1位。圧倒的な存在感を見せた。

(C)ORICON NewS inc.

最終更新:7月2日(土)18時55分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。