ここから本文です

佐賀地検、父親暴行の息子を傷害致死罪で起訴

佐賀新聞 7月2日(土)12時3分配信

 佐賀県三養基郡基山町の会社で父親に暴行を加えて死亡させた事件で、佐賀地検は1日、福岡県三潴郡の会社役員(37)を傷害致死罪で起訴した。

 起訴状などによると、6月9日午前9時半ごろ、容疑者は勤務している基山町の会社の駐車場で、同じ会社に勤める父親(67)=久留米市=の顔を1回平手打ちし転倒させた。アスファルトの地面で頭を打つ状態になり、搬送先の病院で約20時間後、頭蓋骨内損傷による脳機能障害で死亡させた。

最終更新:7月2日(土)12時3分

佐賀新聞