ここから本文です

快進撃続けるウェールズ、指揮官「4年前からこんな瞬間を想像していた」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月2日(土)7時45分配信

“脇役”たちの活躍を喜ぶ

ウェールズを率いるクリス・コールマン監督も興奮を抑えきれないようだ。

EURO本大会初出場ながらベルギーを3-1で下し、ベスト4入りを決めたウェールズ。試合後のコールマン監督のコメントを米『ESPN』が伝えた。

「夢のようだ。4年前からこんな瞬間を想像していたからね。それが今起きているんだ。十分にハードワークすれば、失敗なんて恐れない。私だって成功より失敗のほうが多く経験しているが、恐れてはいない。すべてが新しいし、こんなことは初めてだからなんて言っていいのかわからないよ。でも楽しめているし、我々はそれに値していると思う」

また、この試合ではベイルやラムジーといった有名選手がゴールを奪ったわけではないことにも触れ「私は本当に(3点目を奪った)ヴォークスのことを喜んでいる。彼は常にスタートから出ているわけではないが、準備もできているしハードワークしてくれる。アシュリー・ウィリアムズもゴールをたくさん奪う選手じゃないが、彼はリーダーだ。ロブソン・カヌも素晴らしいパフォーマンスだった」と話している。

ワールドクラスの選手たちが大きな仕事を果たしていることは確かだが、その脇でそれ以外の選手たちもしっかりと輝いているウェールズ。まだまだその旅は続きそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月2日(土)7時45分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報