ここから本文です

王者・LiLiCoがWWE選手との防衛戦を視野!

バトル・ニュース 7月2日(土)8時0分配信

 1日、東京・両国国技館にて開催される『WWE LIVE JAPAN』の前時間に催されたVIPパーティーに映画コメンテーターでプロレスラーのLiLiCoが参加した。

 LiLiCoは現在DDTプロレスのEXTREME級王者であり、翌々日に迫る3日・博多スターレーン大会では『ストックホルムスタイル・キスキスバンバンデスマッチ』ルールで大石真翔相手の防衛戦を控えている身。

 LiLiCoが4月まで王者として君臨していたアイアンマンベルトは現在海外に渡り、レイ・ミステリオ、スコット・ホール、ブライリー・ピアース、ジョニー・ナイトロ、ダニエル・ブライアンとWWE参戦経験がある選手たちが王者となり、30日の時点ではマット・ストライカーが王者として君臨している。
 だがLiLiCoは「もうアイアンマンの事は考えてないですね、EXTREME王者なので。今別のベルトのチャンピオンなので。過去は振り返りません」とバッサリ。EXTREME王座は王者がルールを自由に考えることができるベルトゆえ、WWE選手の挑戦の可能性を聞かれると「もちろん!それを視野にいれて今日はシミュレーションしながら観たいと思っています」と観戦ではなく敵情視察であることを強調した。

最終更新:7月2日(土)8時0分

バトル・ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。