ここから本文です

[移籍]昨季ドイツ人ではミュラーに次ぐゴール数記録の元バイエルンFW、ホッフェンハイムへ

theWORLD(ザ・ワールド) 7月2日(土)8時30分配信

「理想のクラブ」

昨季までダルムシュタットに所属していたFWサンドロ・ヴァーグナーがホッフェンハイムへ移籍することが明らかになった。契約は2019年の6月30日までとクラブの公式サイトが伝えている。

昨季ブンデスリーガで15ゴールを挙げたヴァーグナーはかねてよりダルムシュタット退団を明言しており、行き先に注目が集まっていたが同じブンデスリーガのライバルチームを選択した形だ。ヴァーグナー自身も「ホッフェンハイムの熱心な姿勢に動かされた。理想のクラブだ」と話し、移籍を喜んでいる。

また、ホッフェンハイムのフットボールディレクターを務めるアレクサンデル・ローゼン氏は「サンドロは昨季ドイツ人ではミュラーに次いでゴールを決めている。これは彼の能力の高さを示すパフォーマンスだ」と評価した。チームを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督も「彼は空中戦に強いだけでなく、コンビネーションプレイもできる」と同選手の特徴についてコメントしている。

元バイエルンユースでもあるヴァーグナーももう28歳。新天地で昨季を上回る活躍を見せ、ブンデスリーガを代表するストライカーに成長することはできるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月2日(土)8時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]