ここから本文です

【MLB】上原浩治の美技に本拠地大歓声! 田澤純一も1回無失点でレ軍が接戦制す

Full-Count 7月2日(土)13時31分配信

上原、1死三塁の同点危機で好守

 レッドソックスの田澤純一、上原浩治両投手が1日(日本時間2日)の本拠地エンゼルス戦で救援登板し、5-4の勝利に貢献した。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 雨で一時中断となった一戦が再開後、マウンドに上がったのは田澤だった。1点リードの7回、先頭のカルホーンをセンターフライに打ち取ると、トラウトには左前打を浴びたが、プホルスをライトフライに。その後、マルテに四球を与えるもナバを空振り三振に仕留めた。

 続く8回に登板した上原は先頭のクロンをライトフライに打ち取ったが、続くギアボテッラのセンターへの打球が左翼のグラブを弾いて後方へ。これで走者は一気に三塁へ到達した。

 1死三塁のピンチ。ここでペレスがスクイズを仕掛けた。しかし上原はこれに素早く反応。グラブで捕球後、そのまま捕手にトスし、同点の危機を防いだ。本塁へ突入した走者がアウトとなった瞬間、本拠地に大歓声が沸き起こった。上原は続くシモンズにセンターへヒットを許したが、カルホーンを空振り三振に仕留めて、無失点で切り抜けた。

 9回は守護神キンブレルが1点のリードを死守。この日、オルティスの19号ソロも飛び出したレッドソックスは日本人両投手の力投もあり、接戦を制した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月2日(土)14時9分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]