ここから本文です

「僕は生きている」とデル ポトロ、3度の手首の手術を乗り越える [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7/2(土) 12:01配信

 イギリス・ロンドンで開催されている「ウィンブルドン」(6月27日~7月10日)の男子シングルス2回戦で、2014年以来、3度の手首の手術をくぐり抜け、約2年半ぶりにグランドスラム大会でプレーしたフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)が第4シードのスタン・ワウリンカ(スイス)を3-6 6-3 7-6(2) 6-3で下すという番狂わせを演じてみせた。そのときのセンターコートでは長いスタンディングオベーションが沸き起こった。

元世界4位のデル ポトロがワウリンカを倒して3回戦進出 [ウィンブルドン]

「僕の手は震えていたよ」とデル ポトロ。

 デル ポトロは2009年の全米オープン・チャンピオンだ。故障でランキングを落とし、ただの156位とはわけが違ったが、それでも世界4位のワウリンカを倒したことは、本人を含めた皆にとっての驚きだった。

 試合はアウトドアコートが雨で中断されて遅れる中、開閉式の屋根を閉めたセンタコートで行われた。これはデル ポトロにとって、準決勝に進出した2013年のウィンブルドン以来の聖地への帰還であり、2014年全豪オープン以来のグランドスラム大会だった。

 2013年11月以降、トップ10の選手とは一度しか対戦していなかった27歳のデル ポトロは、彼をテニス界でもっとも恐るべき選手にした爆発的プレーの片鱗を見せることになる。

 第1セットを落としたあとのデル ポトロはプレーレベルを上げ、第2セットで4-1とリードして試合の手綱を握った。彼はテニス界でもベストのひとつと言われる、低く弾むフラットの深いフォアハンドを頼みに、次第に主導権を引き寄せた。

 ワウリンカはウィナーより、多くのアンフォーストエラーをおかし(アンフォーストエラーが48本、ウイナーが47本)、彼のベストの調子には程遠かった。デル ポトロもアンフォーストエラーが25本にウィナーが23本と、それほど素晴らしかったわけではないが、デル ポトロのほうが4度のブレークに成功し、対するワウリンカは3度に留まった。

「素晴らしい気分だ。今日ここで勝てるとは予想していなかった。3度のケガと手術を経て、ふたたびプレーできるようになった僕にとって、これは3度目のキャリアのようなものだ」とデル ポトロ。「僕はふたたびテニスをしている、生きている、と感じているよ」と試合後に喜びを吐露した。

 2009年に全米オープンを制したデル ポトロは、その後、右手首の故障に襲われて翌年に手術をして戦線を離脱。2011年にツアーに戻り、2012年にはトップ10、その翌年にはトップ5に戻ったが、2014年にふたたび左手首を故障して手術。さらに2015年にも左手首を再手術して、2016年に3度目の復活を賭けて新しいスタートを切ったばかりだった。

「今日はただ、プレーを楽しもうと努めた。故障に苦しんだここ2年の僕は本当に不幸だったから、プレーできてただただうれしい。観客たちは僕を大いに応援してくれ、本当に素晴らしかった。3年ぶりのグランドスラム大会(2014年の全豪オープンには出場できているので、厳密に言えばグランドスラムは2年ぶり、ウィンブルドンは3年ぶりの出場)で3回戦に進めるとは思っていなかったから、ここからは何が起ころうとすべていい意味を持つ。これは早く100%に戻るための最良の方法だと思う」とデルポトロは言う。

 ワウリンカは2014年の全豪オープンと2015年の全仏オープンで優勝し、過去2年のウィンブルドンで準々決勝に進出していた。一方のデルポトロは、2013年のウィンブルドンで準決勝に進んだが、その後、故障と手術で戦線を離脱していた。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: LONDON, ENGLAND - JULY 01: Juan Martin Del Potro of Argentina celebrates victory during the Men's Singles second round match against Stan Wawrinka of Switzerland on day five of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 1, 2016 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:7/2(土) 12:01

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。