ここから本文です

金曜日最大のショックはジョコビッチの2セットダウン、相手はクエリー [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7/2(土) 14:07配信

 イギリス・ロンドンで開催されている「ウィンブルドン」(6月27日~7月10日)の第5日。

ジョコビッチの3回戦は2セットダウンで順延に [ウィンブルドン]

 この金曜日最大のショックは、雨で延期となる前に第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と第28シードのサム・クエリー(アメリカ)の3回戦で起きたことだろう。

 グランドスラム大会で30勝し、ここ4つのグランドスラム大会を連覇しているジョコビッチは、72分のプレーの間にクエリーが7-6(6) 6-1と最初の2セットを取ることを許してしまった。この試合の成り行きが成り行きだけに、試合が雨で順延となり、体制を立て直すための一夜を与えられたジョコビッチはおそらく、わくわくしたに違いない。

 4回戦に進むことのできた唯一の男子選手は、第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)だった。彼は屋根の閉じたセンターコートでプレーし、ダニエル・エバンズ(イギリス)を6-4 6-2 6-2と比較的楽に退けた。

 そのほかの男子シングルス3回戦は、進行中に雨で中断され延期となった。スケジュール的な意味で最悪だったのは、2回戦の試合がまだ1試合、終わっていないことだろう。第24シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)とミカエル・ユーズニー(ロシア)の試合は第5セットの途中だ。スコアはズベレフから6-4 3-6 6-0 4-6 2-1(30-40)となっている。女子でも2回戦3試合がペンディングだ。

 だからこそ大会オフィシャルは、伝統的な休息日“ミドルサンデー”(大会中日の日曜日)に、今年は試合を行うことを決めた。139年の大会の歴史において、このような措置がとられたのは1991年と1997年、そして2004年だけだ。

「明日は一日休みをとるかもしれない」と言ったのは34歳のフェデラーだ。微笑を浮かべながら「幸いにも、そうできる立場にいる。申し訳ないけどね。でも休みはとれるときにとっておかないとね。なにせ僕は年寄りだから」。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: LONDON, ENGLAND - JULY 01: Sam Querrey of The United States leaves the court due to rain during the Men's Singles third round match against Novak Djokovic of Serbia on day five of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 1, 2016 in London, England. (Photo by Shaun Botterill/Getty Images)

最終更新:7/2(土) 14:07

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。