ここから本文です

139年の歴史で4度目の珍事 ミドル・サンデーに試合<全英テニス>

tennis365.net 7月2日(土)12時12分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は4大大会の中で唯一恒例となっている大会中の日曜日は、ミドル・サンデーと呼ばれ試合が行われないが、雨に悩まされている今年は試合を行うことが決まり、それは139年の歴史の中でわずか4度目のこととなる。

錦織vsクズネツォフ 1ゲーム速報

会場であるオール・イングランド・クラブのスポークスマンのJ・パーキンスが1日に語ったところによると、第1週が雨により大幅にスケジュールが崩れたために、普段試合が行われない日曜日に試合を組むことでスケジュールを消化する必要があるとの決断が下されたことを明らかにした。

スケジュール通りに試合が消化されれば、土曜日までに男女シングルスの3回戦全てが終了しており、大会期間中の日曜日は休息日として試合が行われずに2週目を迎えるはずだった。

金曜日の夕方の時点で、男子シングルス1試合と女子シングルス3試合の2回戦もまだ終わっていなかった。それは火曜日、水曜日、そして金曜日と雨による中断のためにスケジュールが押されたためだった。

これまでミドル・サンデーに試合が行われたのは、1991年・1997年・2004年のわずか3回だけだった。そのいずれも、「ピープルズ・サンデー」と呼ばれお祭り騒ぎとなっていた。普段は歴史ある神聖な会場だが、滅多に買えないチケットを手にした人々がはしゃぎながら詰めかけ、いつもと違う雰囲気になっていた。

これまでは夜通しチケットを買うために人々は会場の外に列を成していたが、1日に大会が発表したところによると、全てのチケットはインターネットによるオンラインでの購入となり、一家族につき2枚までと限定され、当日の日曜日にも会場のチケット・オフィスでは販売されない。

日曜日に試合を行うことに加えて、大会最終日として予定している7月10日に全ての試合が終わるために、通常5セットマッチで行われる男子ダブルスだが、その1回戦と2回戦は3セットマッチで行われている。

これまでのシングルスの進行はちぐはぐになっている。過去7度の優勝を誇るR・フェデラー(スイス)は、1日に行われた3回戦でD・エヴァンス(英国)をストレートで下し、唯一4回戦進出を決めているが、第24シードのA・ズベレフ(ドイツ)とM・ユーズニー(ロシア)の2回戦はフルセットへもつれまだ終わっていない。

女子シングルスでも、これまで5度の優勝を誇る第8シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)、第12シードのC・スアレス・ナバロ(スペイン)は既に4回戦進出を決めているものの、6選手はまだ2回戦を戦っている。それには2度の優勝を飾ったP・クヴィトバ(チェコ共和国)、第11シードのT・バシンスキー(スイス)、第18シードのS・スティーブンス(アメリカ)も含まれている。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:7月2日(土)12時12分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]