ここから本文です

引退した元世界1位ヒューイット 全英ダブルスに登場<男子テニス>

tennis365.net 7月2日(土)13時54分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は大会5日目の1日、今年の全豪オープンを最後に引退したシングルスで元世界ランク1位のL・ヒューイット(オーストラリア)が男子ダブルス1回戦に登場した。

錦織vsクズネツォフ 1ゲーム速報

今大会はJ・トンプソン(オーストラリア)とペアを組み、ワイルドカード(主催者推薦)で出場。1回戦ではN・アルマグロ(スペイン)/ D・マレーロ(スペイン)組と対戦し、第1セットのゲームカウント3-2とリードした時点で雨が降り始め、翌2日に順延となった。

35歳のヒューイットは、今年の全豪オープン2回戦でD・フェレール(スペイン)に敗れ、現役生活に終止符を打った。その後、3月のデビスカップ ワールドグループ1回戦 オーストラリア対アメリカ(オーストラリア/クーヨン、芝)ではダブルスに出場していた。

これまでにシングルスで通算30勝、そのうちグランドスラムでは2001年の全米オープン、2002年のウィンブルドンで優勝している。

tennis365.net

最終更新:7月2日(土)14時1分

tennis365.net