ここから本文です

SB東浜、6回1失点の粘投も6勝目お預け リード許したまま降板

Full-Count 7/2(土) 16:19配信

1失点に抑えるも、相手先発の日本ハム有原が好投

 ソフトバンクの東浜巨投手が2日の日本ハム戦(ヤフオクドーム)に先発。粘りの投球を見せたものの、今季6勝目はお預けとなった。

 初回1死二塁では陽岱鋼を三ゴロ、中田を左飛に打ち取った。2回は3者連続三振。3、4回も走者を置いたが、無失点に抑えた。しかし、6回、先頭の岡に左中間二塁打を許すと、1死三塁から中島の中前適時打で先制点を献上した。

 6回で5三振を奪い、5安打1失点。まずまずの投球を見せたが、95球と球数が多く、試合も日本ハム先発の有原の好投で1点差勝負に。7回から2番手・スアレスにバトンタッチした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/2(土) 16:19

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]