ここから本文です

錦織が2セット連取で2年ぶりの16強に王手 [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7/2(土) 20:27配信

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月27日~7月10日/グラスコート)の男子シングルス3回戦で、第5シードの錦織圭(日清食品)がアンドレイ・クズネツォフ(ロシア)と対戦。第1セットを7-5で先取した錦織が第2セットも6-3で奪い、2セットを連取した。

「収穫あり」と錦織は2回戦突破、土居も5年ぶりのグランドスラム3回戦進出 [ウィンブルドン]

 錦織とクズネツォフの過去の対戦成績は、1勝1敗。初対戦だった2010年6月のイーストボーン(ATP250/グラスコート)では錦織の第2セット途中リタイアでクズネツォフが勝利したが、5月の全仏オープン(フランス・パリ/クレーコート)の2回戦では錦織が6-3 6-3 6-3で勝っている。

 錦織はウィンブルドンには7年連続8度目の出場で、2014年の4回戦進出が最高成績。昨年はシモーネ・ボレッリ(イタリア)を6-3 6-7(4) 6-2 3-6 6-3で破ったあとの2回戦を、左脚ふくらはぎ故障の悪化で棄権していた。

 この試合の勝者は4回戦で、第9シードのマリン・チリッチ(クロアチア)と対戦する。チリッチは3回戦で、予選勝者のルーカス・ラッコ(スロバキア)を6-3 6-3 6-4で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:7/3(日) 15:54

THE TENNIS DAILY

なぜ今? 首相主導の働き方改革