ここから本文です

「ねば~る打法」の日ハム中島が「初球打ち!」 SB東浜から先制打

Full-Count 7/2(土) 16:25配信

スライダーを中前に、「初球から積極的に打ちにいこうと思っていた」

 日本ハムの中島卓也内野手が2日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で「ねば~る打法」を返上する先制タイムリーを放った。

 6回1死三塁。ファウルで粘る打撃が身上だが、東浜の初球、スライダーを積極的に振って出た。前進守備の二遊間を襲う打球は中前適時打。待望の先制点をもたらした。

 中島は「初球打ち!初球から積極的に打ちにいこうと思っていました。あそこで点を取れなかったら流れを持っていかれてたと思うので、なんとか先制出来て良かったです」とコメントした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/2(土) 16:25

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています