ここから本文です

土居美咲がグランドスラム初の16強入り [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7月2日(土)23時14分配信

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月27日~7月10日/グラスコート)の女子シングルス3回戦で、土居美咲(ミキハウス)がアンナ レナ・フリードサム(ドイツ)を7-6(1) 6-3で破り、初のグランドスラム16強入りを決めた。試合時間は1時間29分。

リオデジャネイロ五輪の日本代表に錦織圭、土居美咲、日比野菜緒、穂積絵莉

 この結果で土居はフリードサムに3戦全勝。今シーズンは3月にサンアントニオ(WTA125K/ハードコート)の決勝で対戦し、土居が6-4 6-2で勝っていた。

 ウィンブルドンには6年連続の出場となる25歳の土居。昨年は1回戦で、エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)に6-3 3-6 2-6で敗れていた。

 土居は4回戦で、第4シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)と対戦する。ケルバーは3回戦で、カリナ・ビットヘフト(ドイツ)を7-6(11) 6-1で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:7月3日(日)14時9分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。