ここから本文です

四国IL選抜、キャンナムリーグ白星締め キューバ代表と北米遠征最終戦へ

Full-Count 7月2日(土)16時53分配信

前日の試合で連敗ストップ、そして19戦目は9回逆転で勝利

 現地時間6月30日18時5分(日本時間7月1日8時5分)、レイモンド・シャポー・グランド・ソーントン・パークでのオタワ・チャンピオンズ3連戦最終戦。同時に長きに渡ったキャンナムリーグでの戦いもこの19戦目が最終戦となる。一塁側ベンチ上で和太鼓や阿波踊り、さらに日の丸の扇子を振って熱烈な応援を繰り広げる応援団の皆さんに「四国代表・日本代表」の誇りを勝利で分かち合いたいところだ。

独立リーグからの指名選手も…過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 6連敗を食い止めた昨日の試合後には「これで呪縛が解けたと思う。あと2試合なんとかしたいね」と意気込んだ中島輝士監督。この日は指揮官の言葉通り、初回から「四国アイランドリーグplus ALL STARS」の「KABUKI SPIRITS!」が発揮される。

 まず四ツ谷良輔がいきなり左翼へ二塁打。続く林敬宏も二塁内野安打で四ツ谷が生還。愛媛マンダリンパイレーツコンビの鮮やかなコンビネーションでカブキJAPANは早くも先制の1点をあげると、2回表も左中間を深々と破る三塁打を放った6番・河田直人(高知ファイティングドッグス)を1死から8番・垂井佑樹(徳島インディゴソックス)が左犠飛で迎え入れ2点目を加えた。

 さらに5回表には2死から四ツ谷が四球を選ぶと、牽制をもらった直後にすかさず二盗を成功。林は動揺を隠せない相手投手の甘いボールを逃さずフルスイング。打球は一直線にライトフェンスの向こうにある漆黒の闇に消えていった。5回で4得点。打線はここにきて完全に息を吹き返した。

 先発の松本英明(高知ファイティングドッグス)もよく粘った。ボールが走らず5回までに7安打を浴びる苦しいマウンドながら、失点は2回裏の1点のみ。球数と時間を費やしても、ホームだけには還さない創意工夫は後期にも必ず活きることだろう。

 ただ、6回裏からマウンドに上がった2番手・四戸洋明(愛媛マンダリンパイレーツ)は殻を破れなかった。先発1回1/3でKOされた現地時間6月22日のケベック・キャピタルズ戦に続き制球が定まらず、1死二塁の場面のピンチを残して3番手のバレット・フィリップス(高知ファイティングドッグス)に交代した。

1/3ページ

最終更新:7月2日(土)17時21分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報