ここから本文です

【速報】土居美咲 四大大会初16強、全英で杉山愛以来10年ぶり<女子テニス>

tennis365.net 7月2日(土)23時10分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は大会6日目の2日、女子シングルス3回戦が行われ、世界ランク49位の土居美咲(日本)が同57位のAL・フリードサム(ドイツ)を7-6 (7-1), 6-3のストレートで下して四大大会初のベスト16進出と同時に、日本女子では2006年の杉山愛(日本)以来10年ぶりの16強入りを果たした。

錦織vsチリッチ 1ゲーム速報

この試合、第1セットの第10ゲームでフリードサムにセットポイントを握られるピンチを迎えるも、サービスキープに成功してゲームカウント5-5と追いつく。

そして、タイブレークの末に第1セットを先取したが、第2セットは土居からゲームカウント3-2とした時点で雨により一時中断。それから約2時間20分後、2度目の雨で中断する中、土居は集中力を切らすことなく勝利を手にした。

今回の勝利でフリードサムとの対戦成績を3戦全勝とした。

4回戦では、今年の全豪オープンを制した第4シードのA・ケルバー(ドイツ)とC・ウィットフェフト(ドイツ)の勝者と対戦する。

今大会は1回戦で世界ランク73位のL・キリコ(アメリカ)、2回戦では第15シードのKa・プリスコバ(チェコ共和国)を破る金星をあげた。

過去のウィンブルドンでは2011年に予選3試合を勝ち抜き、本戦では3回戦進出を果たしている。

tennis365.net

最終更新:7月3日(日)5時57分

tennis365.net