ここから本文です

ベルギー逆転勝利したウェールズ、ラムジーが最高評価の「9.5」を獲得 英紙「ウェールズでベストなプレイヤー」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月2日(土)19時10分配信

英紙、MOMに選出

ウェールズは現地時間1日、EURO2016準々決勝でFIFAランキング2位のベルギーに3-1で逆転勝利した。ウェールズは序盤ベルギーMFラジャ・ナインゴランに強烈なミドルシュートを決められ先制ゴールを許すも、コーナーキックからA・ウィリアムズがヘディングシュートを決め同点に追いつくと、その後2得点を重ね試合をひっくり返した。

英紙『Daily Mail』は試合後の採点(10が最高評価)でウェールズMFアーロン・ラムジーに、両チームを通じて最高評価となる「9.5」の採点のつけ、マン・オブ・ザ・マッチに選出した。ラムジーについては「この試合を決定づける役割を果たし、ウェールズでベストなプレイヤーだった。同点弾とロブソン=カヌに素晴らしいピンポイントのアシストを供給した」と高く評価した。

ウェールズでスタメン出場を果たした選手たちには「8」を超える高評価の採点がつき、ラムジー次いで高い評価となる「9」をDFアシュリー・ウィリアムズ、MFジョー・レドリー、FWガレス・ベイル、FWハル・ロブソン=カヌが獲得した。指揮官のクリス・コールマンも「9」の採点がつき「揺るぎない精神を持つ見事なチームに築きあげた」と寸評された。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月2日(土)19時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。