ここから本文です

巨人村田がヒヤリ 左手に死球を受けて治療受けるも、グラウンドへ再登場

Full-Count 7月2日(土)19時52分配信

拍手の中で一塁へ、その後二盗を試みてアウトに

 巨人の村田修一内野手が2日のヤクルト戦(秋田)で左手に死球を受け、周囲をヒヤリとさせる場面があった。

「6番・三塁」で先発出場。0-0で迎えた4回、2死走者なしで1ボール2ストライクからヤクルト先発デイビーズの内角高めの138キロ直球が左手に当たった。苦悶の表情を浮かべ、そのままベンチ裏へ。負傷交代かと思われたが、数分後にグラウンドに登場。拍手の中で一塁へ向かった。

 その後、続くギャレットの打席で3球目に二盗を試みるもアウト。ベンチを見て、戸惑いの表情を浮かべていた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月2日(土)19時52分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。