ここから本文です

錦織 4回戦はチリッチ、四大大会では全米決勝以来<男子テニス>

tennis365.net 7月2日(土)23時48分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は大会6日目の2日、男子シングルス3回戦が行われ、第9シードのM・チリッチ(クロアチア)がL・ラコ(スロバキア)を6-3, 6-3, 6-4のストレートで下した。この結果、第5シードの錦織圭(日本)は4回戦でチリッチと対戦することが決まった。

錦織vsクズネツォフ 1ゲーム速報

両者がグランドスラムで顔を合わせるのは、2014年の全米オープン決勝以来。その時、錦織はストレートで敗れ準優勝に甘んじたが、その後はハードコートの大会で2連勝してる。過去は錦織から7勝3敗。

世界ランク13位のチリッチはキャリア通算14勝を誇り、世界ランキングでは2014年の10月に記録した世界ランク8位が自己最高。

過去のウィンブルドンでは、2014・2015年に2年連続でベスト8へ進出している。

一方、錦織は同日の3回戦で世界ランク42位のA・クズネツォフ(ロシア)を7-5, 6-3, 7-5のストレートで下しての勝ち上がり。

tennis365.net

最終更新:7月2日(土)23時48分

tennis365.net