ここから本文です

巨人大田、菅野の代打で貴重な同点打 リプレー検証も逆転はならず

Full-Count 7/2(土) 20:54配信

右中間破るタイムリー、勝ち越しの生還狙った實松はリプレー検証も覆らずアウト

 巨人の大田泰示外野手が2日、ヤクルト戦(秋田)でエース菅野の代打で登場し、貴重な同点タイムリーを放った。

 巨人・菅野、ヤクルト・デイビーズと両先発が粘りの投球を見せ、試合は5回まで両チーム無得点。しかし、ヤクルトは6回に雄平の併殺崩れの三ゴロの間に1点を先制した。

 直後の7回、巨人は2死一、二塁の好機を迎えると、98球を投げていた菅野の代打で大田を打席に送った。大田はデイビーズから右中間を破るヒット。ギャレットは悠々生還し、さらに一塁走者の實松も本塁を狙った。

 本塁クロスプレーは微妙なタイミングとなったが、判定はアウト。しかし、實松がヤクルトの捕手・中村悠のタッチをかいくぐっているように見え、高橋監督がベンチから飛び出した。リプレー検証に持ち込まれたが、結果は判定通りアウトに。それでも、巨人は大田の貴重なタイムリーで同点に追いついた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/2(土) 20:54

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。