ここから本文です

「ロナウドがベイルに敗れて悔しがる姿が目に浮かぶ」 ウェールズ勝利を予想する者多く

theWORLD(ザ・ワールド) 7月2日(土)22時40分配信

ベイルVSロナウドにサッカーファン興奮

EURO2016準決勝で実現したウェールズ代表とポルトガル代表の一戦は、サッカーファンの多くが待ち望んでいたガレス・ベイルVSクリスティアーノ・ロナウドの対決だ。2人ともレアル・マドリードの中心選手として活躍しており、BBCのユニットで親しまれている。

そんな2人は、チームメイトながらもライバルとして比較される存在だ。最近ではベイルの方がフリーキックの精度が高いと言われたり、ドリブルで相手を抜けるのもベイルの方だとレアルの主役の座が変わりつつあるような意見が増えている。ロナウドも成長しているベイルの存在を多少は意識しているはずで、今回の直接対決はプライドにかけても絶対に負けられない一戦だ。

英『Daily Mirror』によると、今のところ決勝に進むと予想されているのはウェールズの方だ。同メディアのアンケート調査では実に73%の人がウェールズ勝利を予想しており、「ロナウドがベイルに敗れて悔しがる姿が目に浮かぶ」との意見も挙がっている。

ウェールズはチームとしても魅力的で、組織力でもポルトガルを上回っているだろう。ポルトガルも堅い守備を武器にここまで未勝利で勝ち上がってきたが、攻撃面が今ひとつ機能していない。今の状態でウェールズの堅守を崩すのはなかなかに難しいだろう。

ウェールズかポルトガルか、そしてベイルかロナウドか。誰もが1度は見てみたかったベイルとロナウドの直接対決は意地と意地がぶつかり合う激しいものとなりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月2日(土)22時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。