ここから本文です

燕・山田が27号決勝弾、日ハム7年ぶり9連勝、ロッテ石川完封…30日のプロ野球

Full-Count 7/2(土) 22:30配信

DeNA桑原が攻守に活躍、阪神能見5勝目、西武6連敗、SBは12カードぶり負け越し

 プロ野球は30日、各地で6試合が行われた。セ・リーグでは、DeNAが首位広島に快勝した。2回に広島が新井のソロで先制。しかし、続く鈴木のセンター左へのライナーを、DeNA桑原がダイビングキャッチ。これで流れが変わった。4回に筒香のソロで同点に追いつくと、5回に桑原が勝ち越しタイムリー。桑原の攻守に渡る活躍で試合をひっくり返した。6回にも2点を追加。投手陣は先発石田から5人のリレーでリードを守った。

セ・リーグ&パ・リーグ 2016年 NPB順位表

 阪神は中日に競り勝った。2回に2点を先制するも、その裏に先発・能見が福田に2ランを浴びて同点に。しかし、5回に伊藤隼が満塁でピッチャー強襲のタイムリーを放ち、勝ち越した。能見はこのリードを守り、6回2失点で5勝目。7回からはマテオ、藤川、ドリスが無失点リレーを見せ、負ければ最下位転落の可能性もあった一戦に勝利した。中日は小熊が5回途中3失点と粘り切れず、打線も3回以降はわずか3安打に終わった。

 ヤクルトは主砲の一発で巨人に勝利した。1-1の同点で迎えた8回、山田が宮國から左翼ポール際に飛び込む27号ソロ。2位に10本差をつけて本塁打リーグトップを独走する男の一発で1点のリードを奪い、9回は秋吉が締めた。先発デイビーズは白星こそつかなかったものの、7回6安打1失点の好投。8回の1イニングを無失点に抑えた2番手ルーキに4勝目がついた。巨人菅野は6回1失点も6勝目はならなかった。

 パ・リーグでは、楽天が西武に競り勝った。2回に先発・美馬が3点を先制されるも、3回に藤田のタイムリー、ウィーラーの3ランで逆転。6回には再び藤田がタイムリースリーベース、島内のタイムリーで3点を追加した。美馬は8安打を浴びながら6回3失点で6勝目。9回は4点リードで登板した守護神・松井裕が2点を失ったが、何とか試合を締めた。楽天は3連勝。一方、西武は6連敗で借金は最多の「10」となった。

 日本ハムは首位ソフトバンクに完勝し、2009年以来7年ぶりの9連勝を飾った。先発・有原が強力打線を抑え込み、8回5安打無失点の快投で昨季に並ぶ8勝目。打線は6回に中島の先制打で均衡を破ると、7回には市川が2番手スアレスから貴重な3ランを放った。ソフトバンクは12カードぶりの負け越し。3タテを狙う日ハムは、3日にエース大谷が先発する。

 ロッテはオリックスに完勝して連敗を2で止めた。両チーム無得点の4回にデスパイネがオリックス先発松葉から先制のタイムリーツーベースを放つと、ナバーロの犠飛、鈴木のタイムリーでさらに2点を加えた。8回には4番手・佐藤達から加藤、細谷の連続タイムリーでさらに3点を追加。先発石川は9回134球を投げきり、7安打無失点の完封で9勝目を挙げた。2位ロッテと首位ソフトバンクとのゲーム差は「7」となった。

【セ・リーグ】
◇DeNA 4-1 広島(横浜)
勝 石田(6勝3敗)
敗 岡田(1勝3敗)
S 山崎康(1勝2敗18セーブ)
HR【D】筒香17号【広】新井6号

◇中日 2-3 阪神(ナゴヤドーム)
勝 能見(5勝6敗)
敗 小熊(3勝2敗)
S ドリス(2勝2敗5セーブ)
HR【中】福田3号

◇ヤクルト 2-1 巨人(秋田)
勝 ルーキ(4勝2敗)
敗 宮國(3勝1敗)
S 秋吉(3勝3敗3セーブ)
HR【ヤ】山田27号

【パ・リーグ】
◇楽天 7-5 西武(Koboスタ宮城)
勝 美馬(6勝2敗)
敗 野上(2勝7敗)
HR【楽】ウィーラー16号

◇ソフトバンク 0-4 日本ハム(ヤフオクドーム)
勝 有原(8勝3敗)
敗 東浜(5勝2敗)
HR【日】市川1号

◇ロッテ 6-0 オリックス(QVCマリン)
勝 石川(9勝2敗)
敗 松葉(2勝4敗)

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/2(土) 22:30

Full-Count