ここから本文です

フェラーリはMGU-Kに1トークン、ベッテルはギヤボックス交換で5番手降格へ

オートスポーツweb 7月2日(土)1時10分配信

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ギヤボックスの交換により、F1オーストリアGPで5グリッド降格のペナルティを受けることになる。

フリー走行2回目でベッテルに起こった不運な事故

 前戦ヨーロッパGPでは、ニコ・ロズベルグに続いて2位に入ったベッテル。特にギヤボックスにトラブルを抱えていたわけではなかったが、オーストリアGPの週末を前にチームがトラブルの兆候を発見。ドイツの「Auto Motor und Sport(アウト・モーター・ウント・シュポルト)」によれば、ギヤボックスのオイルに金属片が見つかったという。レッドブルリンクはオーバーテイクが難しいサーキットではないため、追い上げる機会はあると判断し、チームは今回の決断に至った。

 これにより、ベッテルは6レース連続で同じギヤボックスを使用しなければいけなくなる。テクニカルトラブルのためにスタートできなかった場合、もしくはフィニッシュしなかった場合、そのレースはカウントされない。

 またフェラーリは、今回のレースに向けてMGU-Kのアップデートのためトークンをひとつ使用している。

 各パワーユニット・マニュファクチャラーのトークン使用数と残りトークンは次のとおり。

フェラーリ:29トークン(残り3トークン)
ホンダ:20トークン(残り12トークン)
メルセデス:21トークン(残り11トークン)
ルノー:11トークン(残り21トークン)

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月2日(土)15時59分

オートスポーツweb