ここから本文です

マクラーレン「アロンソが新リヤウイングのテスト。あと少し改善が必要」/オーストリアGP金曜

オートスポーツweb 7月2日(土)6時54分配信

 2016年F1オーストリアGPの金曜プラクティスで、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは14位/11位、ジェンソン・バトンは13位/10位だった。
 ドライコンディションの午前中にはアロンソのマシンに新しいリヤウイングを装着してテストを行った。しかし午後は激しい雨が降り、セッション終盤にパフォーマンスランを行ったものの、ロングランは十分にはできなかった。

2016年第9戦オーストリアGP フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)がテストしたリヤウイング

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
レーシングディレクター エリック・ブーリエ
 不安定な天候にプログラムを素早く適応させなければならず、難しい一日だった。午後の半ばにはにわか雨が降り、あまりにも突然で激しかったことに驚かされた。だが幸いすぐに路面は乾き、FP2終了前にある程度走行を行うことができた。

 そうはいってもウエットコンディションになったことで、貴重なロングランデータを通常必要とするほどの量は集めることができなかった。予選への準備を万端に整えるため、明日やるべきことは残っている。それができるかどうかは天気次第だが。


 朝のセッションでは、新しいコンポーネント導入のために多数の空力テストを行った。十分な走行ができなかったにもかかわらず、ふたりのドライバーはマシンバランスに満足していた。しかし明日の予選でQ3進出、日曜の決勝でポイントを賭けて戦うには、もう少し改善する必要がある。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月2日(土)7時25分

オートスポーツweb