ここから本文です

WRCポーランド:プライベーターのタナク、今季初の総合首位奪取

オートスポーツweb 7月2日(土)12時43分配信

 世界ラリー選手権(WRC)第7戦ポーランドは1日、SS2~SS10が行われ、DMACKワールドラリーチームのオット・タナク(フォード・フィエスタRS WRC)が総合首位につけた。

【写真】総合首位につけたオット・タナク(フォード・フィエスタRS WRC)

 WRC最上位クラスで唯一、DMACKタイヤを装着しているタナクは、この日オープニングのSS2でステージ2位を獲得。トップを0.2秒上回り、今シーズン初めて総合首位に立った。
 しかし、続くSS3では暫定総合2番手につけていたアンドレアス・ミケルセン(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)に逆転されたほか、SS5ではヘイデン・パッドン(ヒュンダイi20 WRC)にも交わされ、総合3番手まで後退してしまう。

 ここでタナクは車重を軽くするべく、午後の走行でスペアタイヤをライバルより少なくする戦略をとる。この結果、SS6~8の3SS連続でステージ優勝を果たす快走をみせ、再びトップの座を奪い返した。

しかし、総合2番手ミケルセンは4.2秒差、総合3番手のパッドンは10.2秒差で続いており、優勝争いは接戦となっている。
 総合4番手は2月の第2戦以降勝利から遠のいているセバスチャン・オジエ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)。この大会でも先頭出走でコースの“掃除役”を強いられるオジエだが、これまでのグラベルイベントよりもタイムロスが少なく、タナクとは16.2秒差につけている。

 SS1でトップに立ったティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20 WRC)は、マシンセットアップとペースノートが万全ではなく総合5番手までポジションダウン。ヤリ-マティ・ラトバラ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)は午前の走行でタイヤがパンクするなどアクシデントがあり、総合6番手でデイ2を終えている。

 現地2日にはSS11~17の7SSが行われる。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月2日(土)12時44分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]