ここから本文です

サインツ「新舗装になってタイムがすごく速くなった」:トロロッソ オーストリア金曜

オートスポーツweb 7月2日(土)14時24分配信

 2016年F1オーストリアGPの金曜プラクティスで、トロロッソのダニール・クビアトは9位/13位、カルロス・サインツJr.は6位/6位だった。

F1最新フォトコーナー

■スクーデリア・トロロッソ
ダニール・クビアト フリー走行1=9位/2=13位
 今日は満足できた。プラクティスセッションは2回ともすごく有意義だったし、十分データを取れたので、いい状態で明日に臨めるだろう。

 FP1とFP2共にいろいろなことがあった。ドライの状態で走行していたら突然雨が降り出し、しばらくすると今度はまた陽が出てきた……。まあ、楽しかったね!

 マシンの感触はまずまずで、明日に向けて自信が持てるよ。

カルロス・サインツJr. フリー走行1=6位/2=6位
 今日は僕らにとってすごくいい一日だったと思う。まだ金曜日でそれぞれ走行プランも異なるし、雨もあったので、何かを結論付けるのが難しいのは言うまでもないが、満足できているのは確かだ。

 この新しいターマックだとすべてのタイヤがうまく機能するようだ。グリップもかなりあるし、ラップタイムも昨年と比べてすごく速くなっている。ここをドライブしていると気持ちがいい。今まで走ったなかで最もスムーズな路面のひとつだし、マシンの感触も最高だよ!

 今夜これから懸命に作業を続け、土日に向けて準備していく。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月2日(土)14時24分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]