ここから本文です

縁石に不満のフェルスタッペン。しかし、同調するドライバーの声はなし

オートスポーツweb 7月2日(土)17時26分配信

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンが、F1オーストリアGP金曜日のフリー走行1回目で二度クルマにダメージを負った縁石の設計に対し、不満の声を上げている。しかし、多くのドライバーは彼の意見に同調していない。 

フェルスタッペン、プレスリリースで不満爆発

 フェルスタッペンは、8コーナー出口の縁石に乗り上げてフロントウイングの左翼端板を脱落。その後、同じタイプの縁石でフロントサスペンションとフロントウイングの右翼端板にダメージを負い、6コーナーのグラベルでマシンを止めている。

 チームラジオで「危険だ、信じられない」と言い放ったフェルスタッペンは、セッション終了後に「縁石が高い」と不満を述べていた。

「サーキットのレイアウトを尊重しなければいけないけど、あそこにウォールを設置してもいいと思う」とフェルスタッペン。

「ふたつのフロントウイングとフロントサスペンションを破損させてしまった。少し高さがあると思う。クルマは、あのようなコーナーを考えて設計されていないんだ。1コーナーのように余裕があればいいんだけどね」

 フェルスタッペンの意見に関しては、チームメイトのダニエル・リカルドが少しは援護しているものの、他のドライバーは支持していない。以下が、各ドライバーの意見だ。

ダニエル・リカルド(レッドブル)
「あくまで僕の意見としては、もし自分がミスを犯したなら彼に同調するよ。とはいえ危険なコーナーとは言いがたいし、よく設計されていると思う。ラインを外れてしまえば、相応のことは起こってしまうものだよ」

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
「僕は同じようなミスを犯さなかったから彼と同じ経験をしていない。チームがもっと丈夫なフロントウイングを作れば、そのような非難も生まれないと思うけどね」

ジェンソン・バトン(マクラーレン)
「よくできているコーナーだと思うけどね。クルマが重いときは、そうなってしまうこともあるよ。彼の経験によって厳しいコーナーだということがわかったから、同じミスを犯さないつもりだ」

ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
「とくに問題はないよ。そうならなければ、いいだけのことだ」

ルイス・ハミルトン(メルセデス)
「少しマシンをヒットさせてしまい、コースオフしてマシンにダメージを負ったけど、大きな問題とは感じていないよ」

セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
「(ウォールを設置することは)ベストな解決策ではない」

ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)
「とくにマシンを接触させることはなかったし、問題だとは思わない。彼は限界を超えてしまっただけだ。とはいえ、8コーナーの攻め方については僕たちも話し合うつもりだよ」

ロマン・グロージャン(ハース)
「8コーナーは、その前の5~6コーナーより少しトリッキーだよね。飛び込みできっちり決まっても、ワイドになってそのままフロアからマシン後部が触れてしまうから、良いことではないよ。1コーナーでさえ、もしワイドに走ればマシン後部に大きなショックを与えてしまう。レイアウトの変更はひとつの手かもしれないけど、僕たちにとって簡単になってしまうのであれば、それは理想的ではないね」

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月2日(土)22時33分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]