ここから本文です

『パシフィック・リム2』の重要な役、スコット・イーストウッドを起用か

クランクイン! 7月2日(土)10時0分配信

 SFアクション映画『パシフィック・リム』(13)の続編『Pacific Rim 2(原題)』で、クリント・イーストウッドの息子で俳優のスコット・イーストウッドが重要なキャラクターを演じるかもしれない。海外メディアThe Wrapが報じている。

【関連】クリント・イーストウッド親子も登場!セレブ親子<フォト特集>


 同サイトによると、製作を担当するレジェンダリー・ピクチャーズが、スコットに対して「重要な役」のオファーを送り、現在交渉中であるとのこと。しかし、どんな役であるのか、その詳細は明らかにされていない。現在、スコットは人気シリーズ『ワイルド・スピード』最新作の撮影中で、DCコミックスの悪役が大集合した話題作『スーサイド・スクワッド』などの公開を控えている。

 『パシフィック・リム』は、海の底から襲来した「KAIJU」と呼ばれる巨大生物に、イェーガーと呼ばれる戦闘ロボットを用いて立ち向かう人類の姿を描いたSFアクション映画。その続編となる本作では、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)でブレイクしたジョン・ボイエガが主演を務め、前作でイドリス・エルバが演じたスタッカー・ペントコストの息子に扮する。また、1作目に出演したチャーリー・ハナム、菊地凛子も続投するのかは分かっていない。

  監督を務めるのは、テレビドラマ版『スパルタカス』『Marvel デアデビル』などで知られ、本作で長編監督デビューとなるスティーヴン・S・デナイト。前作のメガホンを取ったギレルモ・デル・トロ監督は、トーマス・タルやメアリー・ペアレント、ジョン・ジャシュニと共にプロデュースを担当し、さらにトラヴィス・ビーチャム、デレク・コノリー、ザック・ペン、ジョン・スペイツと脚本を共同執筆する。『Pacific Rim 2(原題)』は、2018年2月13日に全米公開の予定。

最終更新:7月2日(土)10時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。