ここから本文です

阪神、能見の粘投で連敗ストップ 中日は復帰登板の小熊が2敗目

ベースボールキング 7/2(土) 18:37配信

● 中日 2 - 3 阪神 ○
<14回戦・ナゴヤドーム>

 阪神が連敗を2でストップ。先発の能見が6回2失点で5勝目(6敗)。1点リードの7回からは、マテオ、藤川、ドリスの継投で虎の子の1点を守り抜いた。

 阪神は2回、無死二塁から5番西岡が右前適時打を放ち先制。さらに中日先発・小熊の暴投で2点目を加えると、2-2の5回は3者連続四球で一死満塁としたあと、6番伊藤隼の適時内野安打で再び勝ち越した。

 阪神は6回以降も塁上を賑わしたが、好機であと一本が出ず重苦しい展開。それでも能見が2回に浴びた同点2ランの2点で凌ぐと、7回からは救援陣が無失点リレー。最後を締めたドリスは5セーブ目(2勝2敗)を手にした。

 対する中日は、一軍復帰登板となった先発・小熊が5回途中3失点で2敗目(3勝)。打線は阪神投手陣を攻略できず、連勝は2で止まった。

BASEBALL KING

最終更新:7/2(土) 18:37

ベースボールキング