ここから本文です

パリSG、ニースからベン・アルファを獲得「子供の頃の夢だった」

SOCCER KING 7月2日(土)6時43分配信

 パリ・サンジェルマンは1日、ニースからフランス人MFハテム・ベン・アルファを獲得したとクラブ公式サイトで発表した。契約期間は2018年6月30日までの2年間。

 ベン・アルファは、同サイトを通じて、「パリSGと契約できてとても嬉しいし、誇らしいことだ。僕にとってパリSGはいつも特別なチームで、このユニフォームを着てパルク・デ・プランスでプレーすることは子供の頃の夢だった」と喜び、「ニースに感謝したい。再びサッカーをする楽しみを取り戻すことができ、フランスのファンに僕の能力を見せることができたんだ」と古巣への感謝の意を示した。

 1987年生まれで29歳のベン・アルファは、リヨンでプロキャリアをスタートし、2008年にマルセイユへ移籍した。2010年からはニューカッスルでプレーし、2014-15シーズンはハル・シティにレンタル移籍。2015年1月にニース移籍が一度は決まったが、「1シーズンで1人の選手がプレーできるチームは2つまで」というFIFA(国際サッカー連盟)のルールに違反してしまい、選手登録が認められず、約半年間の浪人生活を送っていた。それでも同年夏にニースへ正式加入すると、2015-16シーズンはリーグ・アン34試合出場で17ゴールを挙げる活躍を見せた。

SOCCER KING

最終更新:7月2日(土)6時44分

SOCCER KING