ここから本文です

ドルトムント、ムヒタリアンのマンU移籍を発表…今夏3人目の主力流出

SOCCER KING 7月2日(土)21時4分配信

 ドルトムントは2日、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンがマンチェスター・Uへ移籍することをクラブ公式サイトで発表した。

 発表によると、クラブは徹底した話し合いの結果、ムヒタリアンの希望を受け入れる形でマンチェスター・Uへの移籍を容認したという。

 ハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)は「この移籍は我々にとって難しい取引だった。マンチェスター・Uからはとても魅力的なオファーを頂いた。もしそのオファーを拒否していたら、ムヒタリアンは2017年夏にフリーで退団することになり、後継者問題を1年間先送りにしていただろう」とコメントした。

 現在27歳のムヒタリアンは、2013年夏にシャフタールからドルトムントに移籍。3シーズンでブンデスリーガ90試合に出場し、23ゴールをマークした。また、アルメニア代表では主将を務め、同代表通算最多得点記録を樹立するなど活躍。アルメニアの年間最優秀賞を5年連続で受賞しており、通算6度も輝いている。

 なお、ドルトムントは今夏、ドイツ代表DFマッツ・フンメルス(→バイエルン)、同代表MFイルカイ・ギュンドアン(→マンチェスター・C)に続く3人目の主力流出となった。

SOCCER KING

最終更新:7月2日(土)21時20分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報