ここから本文です

鹿島敗戦で川崎が年間首位に浮上…神戸、横浜FM、広島が3発快勝/J1・2nd第1節

SOCCER KING 7月2日(土)22時58分配信

 2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第1節が2日に各地で行われた。

 ファーストステージを制した鹿島はホームでガンバ大阪と対戦。23分に赤崎秀平のゴールで先制したが、3分後に大森晃太郎に決められ追いつかれると、後半にセットプレーから2失点を喫し、1-3で敗れた。

 鹿島と1ポイント差でステージ優勝を逃した川崎フロンターレは敵地でベガルタ仙台と対戦した。前半のうちに大塚翔平と小林悠のゴールで2点のリードを得ると、試合終了間際にもダメ押しゴールが生まれ、3-0で快勝。年間順位で首位に立っている。

 そのほか、ヴィッセル神戸と横浜F・マリノス、サンフレッチェ広島がそれぞれ3-0の快勝で好スタート。また、サガン鳥栖対FC東京では、FC東京の1点リードで迎えた後半アディショナルタイムに鳥栖が2ゴールを奪い、劇的な勝利を飾った。

 第1節の結果は以下のとおり。

■J1 2nd第1節結果
▼ヴァンフォーレ甲府 0-3 ヴィッセル神戸
得点
0-1 7分 レアンドロ(神戸)
0-2 10分 レアンドロ(神戸)
0-3 24分 渡邉千真(神戸)

▼鹿島アントラーズ 1-3 ガンバ大阪
得点
1-0 23分 赤崎秀平(鹿島)
1-1 26分 大森晃太郎(G大阪)
1-2 60分 今野泰幸(G大阪)
1-3 73分 金正也(G大阪)

▼ベガルタ仙台 0-3 川崎フロンターレ
得点
0-1 17分 大塚翔平(川崎)
0-2 21分 小林悠(川崎)
0-3 87分 三好康児(川崎)

▼大宮アルディージャ 1-0 名古屋グランパス
得点
1-0 90+4分 河本裕之(大宮)

▼柏レイソル 1-0 アルビレックス新潟
得点
1-0 72分 OG(柏)

▼湘南ベルマーレ 0-3 横浜F・マリノス
得点
0-1 39分 マルティノス(横浜FM)
0-2 70分 カイケ(横浜FM)
0-3 74分 中町公祐(横浜FM)

▼サンフレッチェ広島 3-0 ジュビロ磐田
得点
1-0 19分 柴崎晃誠(広島)
2-0 32分 柴崎晃誠(広島)
3-0 65分 ピーター・ウタカ(広島)

▼アビスパ福岡 1-2 浦和レッズ
得点
1-0 23分 ウェリントン(福岡)
1-1 43分 那須大亮(浦和)
1-2 64分 興梠慎三(浦和)

▼サガン鳥栖 3-2 FC東京
得点
0-1 10分 ムリキ(FC東京)
1-1 58分 富山貴光(鳥栖)
1-2 62分 河野広貴(FC東京)
2-2 90+4分 池田圭(鳥栖)
3-2 90+5分 豊田陽平(鳥栖)

■J1 2nd第1節順位表(カッコ内の順位は年間順位)
1位 川崎(1位)(勝ち点3/得失点差3)
1位 広島(4位)(勝ち点3/得失点3)
1位 横浜FM(8位)(勝ち点3/得失点3)
1位 神戸(9位)(勝ち点3/得失点3)
5位 G大阪(6位)(勝ち点3/得失点2)
6位 鳥栖(13位)(勝ち点3/得失点1)
7位 浦和(3位)(勝ち点3/得失点1)
8位 大宮(5位)(勝ち点3/得失点1)
8位 柏(7位)(勝ち点3/得失点1)
10位 FC東京(10位)(勝ち点0/得失点-1)
11位 福岡(18位)(勝ち点0/得失点-1)
12位 新潟(14位)(勝ち点0/得失点-1)
12位 名古屋(15位)(勝ち点0/得失点-1)
14位 鹿島(2位)(勝ち点0/得失点-2)
15位 磐田(11位)(勝ち点0/得失点-3)
15位 仙台(12位)(勝ち点0/得失点-3)
15位 湘南(16位)(勝ち点0/得失点-3)
15位 甲府(17位)(勝ち点0/得失点-3)

■J1 2nd第2節対戦カード(7月9日)
名古屋 vs 川崎
G大阪 vs 仙台
浦和 vs 柏
FC東京 vs 甲府
横浜FM vs 福岡
新潟 vs 湘南
磐田 vs 大宮
神戸 vs 鳥栖
広島 vs 鹿島

SOCCER KING

最終更新:7月2日(土)22時58分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。