ここから本文です

マンUがイブラ加入を正式発表! “優勝請負人”がついにプレミア上陸

ゲキサカ 7月2日(土)4時19分配信

 マンチェスター・ユナイテッドは1日、スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(34)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。

 これまで、オランダやイタリア、スペイン、フランスでリーグタイトルを獲得してきた“優勝請負人”が、ついに来季プレミアリーグの舞台に初めて立つ。12年7月に加入したパリSGでは180試合に出場し、156ゴールを記録。先日、引退を表明したスウェーデン代表では116試合で62ゴールを挙げていた。

 ユナイテッドは来季からジョゼ・モウリーニョ監督が指揮。08-09シーズンと09-10シーズンの2シーズン、インテルでイブラヒモビッチと共にセリエA連覇を経験している。ユナイテッドは、この強力タッグで12-13シーズン以来のプレミア制覇を目指すことになる。

 クラブを通じてイブラヒモビッチは、「本当に嬉しく持っています。プレミアリーグでプレーすることも楽しみにしています。言葉にしなくとも、モウリーニョ監督と再び仕事をするのが待ちきれない。彼は素晴らしい監督です。新たな試練、エキサイティングなチャレンジに臨む準備は整っています。これまでのキャリアを楽しんできたし、素晴らしい思い出もあります。ここイングランドで、よりスペシャルな思い出を作る準備はできています」と意気込みを語っている。

 また、モウリーニョ監督は「ズラタンについては、紹介するまでもない。スタッツがすべてを物語っている。イブラは世界でもベストストライカーの1人で、常に100%の力を出す選手だ。彼はフットボールの世界で重要とされるリーグで勝ってきた。そして、世界ベストと言われるリーグでプレーする機会を手にした。彼ならこの機会を生かし、チームがタイトルを獲得するのに協力してくれる。来シーズン、オールド・トラッフォードでファンの皆さんを間違いなく楽しませてくれるだろう。そして、彼の経験には、若い選手たちの成長を助長する上で計り知れない価値がある」と期待を寄せている。

最終更新:7月4日(月)21時32分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報