ここから本文です

[九州]福岡大が全国切符逃す!鹿屋体育大ら九州代表4校が決定

ゲキサカ 7月2日(土)21時25分配信

 第40回九州大学トーナメント本戦の準々決勝が2日に行われた。勝利した4チームは夏の大学日本一決定戦・総理大臣杯へ出場できる。今試合の結果、鹿屋体育大、九州国際大、日本文理大、九州共立大が九州代表に決まった。あす3日に準決勝が行われる。

 7年連続32回の総理大臣杯出場を誇る福岡大が敗れた。準々決勝で日本文理大と対戦。前半に先制したものの後半に追いつかれ、延長戦でも決着はつかず。迎えたPK戦でPK4-5で敗れた。金星獲得の日本文理大が全国切符を手にした。

 また鹿屋体育大は佐賀大に7-1の圧勝で5年連続13度目となる夏の全国大会出場。九州国際大は宮崎産業経営大を1-0で下した。

 九州共立大は九州産業大に先制されるも追いつき、延長戦で逆転に成功。2-1の勝利で全国行きを決めている。

結果は以下の通り

■準々決勝
日本文理大 1-1(PK5-4) 福岡大
九州共立大 2-1(延長) 九州産業大
鹿屋体育大 7-1 佐賀大
九州国際大 1-0 宮崎産業経営大

最終更新:7月2日(土)21時25分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。