ここから本文です

いざ日光の近代建築をめぐる旅へ。〈英国大使館別荘〉が記念公園に/栃木

Webマガジン コロカル 7/2(土) 17:35配信

コロカルニュースvol.1753

栃木県日光市といえば、東照宮。でもじつは、日光は奥日光も素晴らしいんです。

明治のなかごろから昭和初期にかけて、奥日光の中禅寺湖畔には、各国の大使館をはじめ、多くの外国人別荘が建てられ、国際避暑地としてにぎわっていました。

【写真ギャラリーで見る】いざ日光の近代建築をめぐる旅へ。〈英国大使館別荘〉が記念公園に/栃木

2016年7月、そんな国際避暑地の原点となった〈旧英国大使館別荘〉が、120年の時を経て〈英国大使館別荘記念公園〉として開園します。

旧英国大使館別荘は、明治29年に英国の外交官で明治維新に大きな影響を与えたアーネスト・サトウの個人別荘として建てられ、英国大使館別荘として長年使われてきた建物に復元・整備したもの。

見どころは、2階から望める中禅寺湖畔の絶景。国際避暑地としての歴史やアーネスト・サトウに関する資料、英国大使館から寄贈された家具なども展示しています。また、2階〈Tea Room 南4番Classic〉では、英国紅茶とスコーンも楽しめます。(※当日、英国大使館別荘2階にて受付)

日光には、素晴らしい近代建築がたくさん存在します。英国大使館別荘記念公園のすぐ近くにあるのは、イタリア大使館別荘記念公園。

こちらは、昭和3年にイタリア大使館の別荘として建てられ平成9年まで歴代の大使が使用していた建物。設計者は、チェコ出身のアントニン・レーモンド。大正時代に、フランク・ロイド・ライトから帝国ホテルの仕事を依頼され来日したというレーモンド。美しくモダンな建物は必見です。

日本家屋と西洋文化が融合した建物、田母沢御用邸も見逃せません。この建物は国指定重要文化財に登録されています。

明治26年に開業した日光金谷ホテルは、日本最古のリゾートホテルといわれているそう。

金谷ホテル歴史館には、当時の外国人宿泊者たちから「侍屋敷」と呼ばれていた建物があります。複雑な間取りは、まるで迷路のよう!

そのほかにも、日光には木造建築の洋風駅舎「日光駅」や本格的なヨーロッパ風デザインに仕上げられている「日光真光教会」など見どころがいっぱい。ぜひ行ってみたいですね!

information
英国大使館別荘記念公園
住所:栃木県日光市中宮祠2482
TEL:0288-55-0880
営業時間:7月1日~11月10日は9時~17時/11月11~30日は9時~16時
定休日:6~10月は無休、11月は毎週月曜日(祝日の場合は翌日に振り替え)
平成28年度開園期間:7月1日~11月30日
Web:英国大使館別荘記念公園


writer profile
Yu Miyakoshi
宮越裕生
みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。

【コロカルニュース】とは?
ローカルって、楽しい。ちょっと変な事件や不思議なブーム、うわさの面白い人、イベント告知、コロカル記事の取材エピソードなどなど。愛情を込めて、コロカル視点のおもしろニュースをご紹介!

最終更新:7/2(土) 17:35

Webマガジン コロカル