ここから本文です

ユニークな「ビニール傘」が続々 着せ替えやペアアンブレラ、富士山モチーフなど

MONEYzine 7月3日(日)8時0分配信

 雨が降れば、いまや誰もが手にする「ビニール傘」。特徴は、手ごろな価格や透明ゆえに視界も良好など使いやすい反面、どれも見た目は同じといった点だろうか。ところが最近、ビニール傘にも変化の兆しがある。それがデザインなどのビジュアル面へのこだわりだ。反響も、センスの良さで愛着度がアップし、また個性的な外見のお陰で差別化ができ、取り違え防止にもひと役と上々。ついには、ビニール傘は“使い捨て、代用”なるこれまでのイメージさえも変えようとしている。

 私だけの1本をと、今年6月に登場したのが「fururi(ふるり)」。同商品は、イオン(本社:千葉県千葉市)のプライベートブランド「トップバリュ」に新たに加わった着せ替えができるビニール傘だ。ベースは、傘骨とビニール生地が無地のセット(950円・税込)の6種と、傘骨とプリント柄8種のセット(1,598円・税込)。このベースのビニール生地を、別売りで8種(各734円・税込)用意されている張り替え生地から好みを選び交換すれば、雨の日が待ち遠しくなるオリジナル傘の完成だ。また傘骨は強風時の使用や耐久面を考え、柔軟性と強度を併せ持つ樹脂製を採用。末永く使えることも特徴となっている。

 親子や兄弟・姉妹、恋人など、さまざまなペアがおそろいのデザインで楽しむ傘、それが「ペアアンブレラ」だ。洋服にペアルックがあるなら傘でもと、ギークルジャパン(本社:東京都渋谷区)が開発したこちらの1本、現在デザインは2種類。フランス国旗の色である赤、青、白の「パリ」と、スウェーデンの国旗に用いられる青&黄色の「ストックホルム」で、それぞれに大人用(2,480円・税込)と子ども用(2,160円・税込)がある。加えて形も独特。同商品は、海外ではバードゲージと称され人気のある深張り(ドーム型)仕様だ。したがって肩もぬれにくいと実用面でも申し分ない。

 中川政七商店(本社:奈良県奈良市)の「富士傘(ふじさん)」は、ラッキーアイテムとなってくれそうな1本かもしれない。デザイン・モチーフは、頂に雪をかぶった世界文化遺産でもある富士山。富士山は昔から霊峰と崇められているだけあり、これだけでもありがたい感じがいっぱいだが、さらにもうひとつ。傘に配された細かなパターンは、厄よけの意味合いを持つうろこ文様で、しかも細かいパターンの1つ1つを構成するのは小さな富士山と、まさに雨の日の“さすお守り”だ。持ち手部分には、どこに置いても目立つ日の丸イメージの真っ赤な名札もつく同商品、価格は1,620円(税込)。

 いま雨の日のしゃれたファッションアイテムの道を、足早に歩みつつあるビニール傘。デザイン性が高くなると費用も高めになりがちだが、願わくば従来のリーズナブルさは、失わずにいてもらいたいものだ。

最終更新:7月3日(日)8時0分

MONEYzine

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]