ここから本文です

ジェイソン・デイがWGC連勝へ首位タイ 日本勢は低迷

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月3日(日)7時15分配信

◇世界選手権シリーズ◇WGCブリヂストン招待 3日目◇ファイヤーストーンCC(オハイオ州)◇7400yd(パー70)

「WGCブリヂストン招待」フォトギャラリー

世界ランキング1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)が世界選手権シリーズ2連勝に大きく近づいた。単独首位からスタートすると3バーディ、2ボギーの「69」でホールアウト。2番(パー5)でのイーグルを含む「67」をマークしたスコット・ピアシーに並ばれたものの、通算5アンダーの首位タイとした。

3月の「WGCデルマッチプレー」に続くWGCタイトルがかかる最終日は、5月の「ザ・プレーヤーズ選手権」以来となる今季4勝目を合わせて狙う。

首位に1打差の通算4アンダー3位にデービッド・リングマース(スウェーデン)。さらに1打差の3アンダー4位にブライアン・スチュアードがつけた。2アンダー5位タイのウィリアム・マクガート、シャール・シュワルツェル(南アフリカ)、2週前の「全米オープン」を制したダスティン・ジョンソンは3打差を追う。


3人が出場の日本勢は低迷中。2日目に「79」を叩いた松山英樹はバーディなし、3ボギー「73」で通算12オーバーの51位。松村道央は2バーディ、2ボギーの「70」と耐えたが、通算13オーバー52位タイ。塚田陽亮は通算19オーバーの57位となった。

最終更新:7月4日(月)10時34分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]