ここから本文です

投資カップルの「ラブラブ」「冷えきったとき」シーン20選

ZUU online 7/3(日) 7:00配信

彼氏も彼女もプチ投資家! このように何かしらお互いに投資を楽しんでいるカップル、実は世の中に意外といるのでは? もとはどちらかが投資をしていて、パートナーの成功を目にしているうちに、自分もちょっとやってみようかな……と手を出し始める。そんなパターンも多いかもしれません。

「投資」は、扱う金融商品が何であれ、性格がよく表れるもの。カップルで投資を行って、「見えていなかったお互いの理解につながりました」ということもあれば、その反対もあることでしょう。

そのような、投資カップルならではのラブラブなとき・そうでないときのあるあるエピソードを挙げてみました。アナタの「あるよねー」はありますか?

■投資カップルの “ラブラブなとき”シーン10

・どんなときでも投資話でいつも盛り上がれる。
・ケンカしても投資は別物。投資の話が仲直りのきっかけになる。
・お互いの投資テクニックを教え合える。
・一人では踏ん切りがつかない「損切り」も、「そろそろ損切りしなよ~」「そうだね~」などとお互いを穏やかに促せる(ただしラブラブ期間でないと逆効果になることも……)。
・儲かったら何をしたいか、“投資ドリーム”を一緒に見ることができる。
・「へそくり」ができる。
・含み損があっても相手を納得させやすい(「『株主優待』や『配当』がすごくいいんだ!」などの言い訳を分かってもらえる……気がする)。
・株主優待をカップルで楽しめる=2人で楽しめる株主優待がある銘柄への投資理由になる。
・投資に役立つかも情報を共有できる。
・パートナーの含み損を(勝手に)損切りしてあげられる(一概に正しいかどうかは言えません。するときは自己責任で!)。

■投資カップルの“冷えきったとき”シーン10

・相手が失敗した投資の話を振って機嫌を損ねてしまう。
・「損切りできない」「極端な逆張りをする」など、自分では理解できない投資のやり方に、パートナーの好ましくない性格の一端を見てしまう。
・パートナーの「含み益」が「含み損」に変わったことが分かってしまい、期待が大きいほどがっかり感も大きくなる。
・大きな含み損を抱えているパートナーの言い訳(「この銘柄が好きだから」「この株は損をしてもずっと持っているんだ」など)を聞かされる。
・アドバイスのつもりの「損切りしたら?」で、パートナーの機嫌を損ねてしまう。
・親切心のつもりの「損切りしてあげようか?」でも、パートナーの機嫌をさらに損ねてしまう。
・パートナーがトータルでかなり大きな含み損を抱えていることを知り、頭に血が上る。
・含み損を抱えるパートナーが株価を気にするたびに、神頼みしたい気分になる。
・自分が含み損を抱えているときは、パートナーに悟られるのを避けるあまり、言動がおかしくなる場合もある(女性はウソをつくときに相手の目を見るとか……)。
・含み損になったとき、「含み益があるうちに欲張らず利益確定しておけば、パートナーにごちそうしてあげられたのに!」などと自己嫌悪に陥る。

カップルのどちらも投資をしている場合、投資の話には触れさえしないパターンもあるかもしれません。お互いが「相手のやり方に口出しをしない」ことを前程にしているなら、それもアリでしょう。しかし、お互いどちらも上手に利益を出していけるのならば、楽しみは倍になるかもしれません。

趣味を共有できるカップルは長続きしやすいものです。万が一、2人の恋愛感情がどこかにお出かけしてしまっても、投資の話だけはいつまでも盛り上がれる。そんな関係も「いとをかし」ではないでしょうか。

沼佐 睦美
札幌生まれ札幌育ちのライター。日本の短大卒業後、アメリカの4年制大学に編入・卒業。アメリカで約5年間過ごす。以前は株中心、現在はFX中心に楽しんでいます。新しもの好き、期間限定アイテムに飛びつく習性あり。

(提供:DAILY ANDS)

最終更新:7/3(日) 7:50

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。