ここから本文です

【レポート】『アノニマス・コード』志倉千代丸からコメントが到着!宇宙規模の巻き戻し機能「セーブ&ロード」とは

インサイド 7月3日(日)14時17分配信

5pb.の新作ゲームが一堂に会するイベント「5pb.祭り2016」が、7月3日にベルサール秋葉原で開催されました。このイベントではキャストやクリエイターによるステージイベントも多数実施。本稿ではPS4/PS Vitaソフト『ANONYMOUS;CODE(アノニマス・コード)』トークステージで明かされた情報について、志倉千代丸氏からコメントを頂きましたので、その全文をお届けします。

【関連画像】


まずは『5pb.祭り2016』に足を運んでくれた皆さん、そしてニコ生やツイキャスを試聴してくれた皆さん、とにかく参加してくれた皆さん全員に感謝!今回はいつになく準備がバッタバタで「よりによって僕の誕生日にやらなくてもいいでしょ!」とかぼやきながら必死に準備してました。大変だったのは僕というより主にスタッフですが(笑)。イベントとしての反省点を数え始めたらキリがないほどですが、特に大きなトラブルもなく皆さんのご協力のおかげで無事に終える事ができました。ありがとうございました。

さて、今回はステージで話しきれなかった『アノニマス・コード』のシステム面について追加で補足説明させてもらえればと思います。作品の世界観やストーリー、キャラクターなどについては以前にもご紹介させて頂いていますのでまだご存知ないという方は公式サイトなども是非チェックしてみて下さいね。

■セーブ&ロードについて

まず、今作の特徴的なシステムである「セーブ&ロード」について説明します。RPGやADVなどで、失敗したらセーブポイントまで戻ってやり直すという行動は普段、皆さんもゲームの中ではお馴染みだと思いますが、これがもしリアルな私達の世界で出来たら素晴らしいと思いませんか?会社や学校、様々なシーンで嫌な予感がする直前に人生をセーブしておけるなんて最高ですよね!僕も出来る事なら青春時代にセーブデータを残しておけば良かったなぁと……(笑)。



まぁ簡単に言うとそれを登場人物であるポロンが、彼らにとってのリアルな世界で可能にしてしまうというものです。たとえば、主人公であるポロンが重要なハッキングに失敗し、誰かが不幸になってしまったり時には命を落としてしまうような場面。もし事前にセーブデータを残しておけばやり直しが可能となるわけです。



ADVの中でも、僕は「ループもの」と呼ばれるジャンルが好きで、それもあって『シュタインズ・ゲート』という作品が生まれたのですが『アノニマス・コード』の主人公ポロンが持っている「セーブ&ロード」の能力は、タイムトラベルやタイムリープとは明らかに違うものです。「何が違うのか?」を一言で言うと「セーブ&ロード」とは宇宙規模の巻き戻し機能なので、いわゆるタイムパラドックスが生じないのです。これは同じ「ループもの」でもタイムトラベル系のそれとは、物語を作る上でに大きな差が出てきます。

■ハッキングトリガーについて


科学ADVシリーズでは毎回お馴染みの「○○トリガー」ですが、今作シリーズでも踏襲しています。主人公であるポロンが「ハッカー」であるという事もあって、今回は「ハッキングトリガー(仮)」を採用します。これはプレイヤーがある種の神となり、主人公に「ロードしますか?」や「セーブしますか?」などのシステム画面を、ゲームの世界に任意でインサートし、それを見た主人公がどうするかを決めるというものです。プレイヤーが「ハッキングトリガー」を使って「ロードしますか?」の画面を投げ込んでもポロンがそのセーブデータをロードするとは限りません。そこはポロンの判断によるところが大きいですね。

逆にプレイヤーが意地悪をして「ロードしますか?」の画面を投げ込まなければBADエンドルートなんて事もあるでしょうし、タイミングが間に合わず、主人公が死んでしまいゲームオーバーという事も有り得ます。ここはかなりゲーム性も高く、難易度の調整については現在、慎重に検討を重ねています。

また、ポロン達の世界にも私達同様に「オートセーブ」という謎の機能が存在します。これは、プレイヤーではない「誰か」が何らかの意志でセーブしているポイントだと考えてもらえれば良いと思います。ポロン達の世界のセーブデータと、私達プレイヤーのセーブデータは、同一のシステム画面で共有するのですが、この辺りの不思議な「仕様」は本作の大きな特徴を言えると思います。

ゲーム中の登場人物が、そのゲーム自体のシステム画面に干渉してくるというのも中々珍しいですよね?詳しい話は避けますが、それ自体がギミックになったり、物語の一部になったり色々と面白い仕掛けを考えています。



ハッキングトリガーについて最後にもう一つ補足をすると「ロードカウント」というものが存在します。これは、ポロンが物語中に行ったロード回数と、プレイヤーがロードした回数の累計でカウントされています。この回数がどんな形で物語に関わってきて、どんなリスクにつながっていくのかはゲームをプレイしてからのお楽しみという事で。

■動くキャラクターについて
今回のキャラクターはただの立ち絵ではなく、E-moteというシステムを使ってアニメーションします。以前、僕らが作った『ロボティクス・ノーツ』というタイトルでは、ポリゴンキャラをつかってアニメーションをさせていたのですが、今作のイラストのテイストに合わせて、2Dのイラストをそのまま動かすことができるE-moteを選択しました。どんな感じで動くのかはこちらの動画をご覧ください。



こちらはまだ制作中のものになりますが、こだわればこだわるほど可愛く動くのでまだまだ作りこんでいきますよ!

■最後に


今作は科学ADVとは違うシリーズという位置付けですが、現状社内では「サイエンスビジュアルノベルシリーズ」と呼称しています。つまり科学のビジュアルノベル……方向性としては科学ADVと大差無いという事です(笑)。実に様々な、気になるキーワードが絡み合っていて情報量はとても多いのですが、最終的には地球規模の最も大きなテーマへと物語が収束していきます。システム回りやユーザーインターフェイスも、より直感的で分かり易く、またゲームとしての難易度調整も物語のスピード感や面白さの邪魔にならないよう、細心の注意を払って調整しています。

とは言えこれまでのADVゲームよりは、もしかしたら難易度高めかも知れませんが……。とにかく発売予定の「冬」まで、息切れしないようにスタッフ一同頑張っています。少なくとも、科学ADVシリーズのファンの皆さんの趣味には間違いなくヒットすると思いますので引き続きご期待ください!

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『ANONYMOUS;CODE』は今冬発売予定で価格は未定です。

最終更新:7月4日(月)12時17分

インサイド