ここから本文です

低調続く…松村52位 塚田57位「英樹になりきれなかった」

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月3日(日)7時36分配信

オハイオ州のファイヤーストーンCCで行われている「WGCブリヂストン招待」3日目。初出場の松村道央が2バーディ、2ボギーの「70」(パー70)で回り、通算13オーバーのまま52位に順位を上げた。

【画像】メジャーで初タイトル!覚醒した31歳

目標としているアンダーパーラウンドには届かなかったが、確実な進歩だ。初日、2日目は5年ぶりの米ツアーの雰囲気に圧倒されたまま後退。3日目になってようやく「きょうは回りやすかった。ちょっと慣れてきたんですかね」と思えた。

2オンに成功した序盤2番(パー5)でバーディを先行させると、パーを並べ続けて11番で2つ目のバーディ。ティショットをグリーン右に曲げた終盤15番(パー3)から2連続ボギーを叩いたものの、「メチャクチャいいかと言われるとそうでもないけれど、いいリカバリーもあった」と納得顔で話した。

難コースと戦いながら、米ツアー選手の技術を眼で盗もうと必死だ。粘り気のある深いラフでのウェッジの使い方の違いに気づいた。「転がした方が易しそうなときにも、(外国人選手は)意外とボールを上げている。フェースをひらいて、振ってしまったほうが良いのかもしれない。(アプローチの)強弱を覚えたいですね」と松村。残された最終日にビッグスコアの期待がかかる。



松村のひとつ前、全組のトップスタートで出た塚田陽亮は「73」。通算19オーバーの57位であすの最終ラウンドを迎えることになった。

この日は偶然にも、松山英樹と同じ黄色いポロシャツでプレー。朝の練習場で気づくと、年下の米ツアー選手に「すいません」と苦笑いして謝った。「英樹になりきろうと思ったんですけど、6番くらいまでしかなりきれなくて、ちょっとふがいない」。2番(パー5)では残り204ydの2打目でグリーンを捕らえ、6mを沈めてイーグル奪取。それでもグリーンのライン読みに苦労が続いている。

「2番はたまたま入ったという感じ。まったく読めなくて、入る気がしない。17番なんか、ピンの真上にショットがついて、『ちょっとフックかな』と思ったら、いきなり右に切れて行った。自信持って打っているのが、あさっての方向に行くと歯車が狂う」。同組で回ったスティーブン・ボーディッチ(オーストラリア)を最下位に追いやったが「きょうよりいいスコアで回りたい。日に日に良くなっている」と、初の米ツアー出場大会でひとつでも上を目指す。(オハイオ州アクロン/桂川洋一)

最終更新:7月3日(日)12時21分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]