ここから本文です

女子高生AI「りんな」のしりとりがガチすぎる

ITmedia Mobile 7月3日(日)6時10分配信

 日本マイクロソフトの女子高生AI「りんな」と、しりとりをしてみました。まず難易度を選ぶので、「ガチモード」を選択。どれほどガチなのでしょうか。

【何かの呪文?】

 持ち時間は90秒。細かいルールが伝えられ、しりとりがスタートします。

 「りんご」「ゴマフホウズキイカ」「カラス」「スペリオル湖」「コマ」と、初っぱなから聞いたことのない単語のオンパレードです。

 その後も「ずれほに」「クリス・ノヴォセリック」「丸瀬布」「マラボ」「ルーナー・オービター」と続きます。すみません、勝てる気がしません。さすがAI、知識が豊富でした。

最終更新:7月3日(日)6時10分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]