ここから本文です

あなたは分かる? 若者がSNSで使う「tkmk」「メンディー」「KSNM」の意味

ITmedia Mobile 7月3日(日)6時10分配信

 若者がSNSで使う言葉の意味を紹介する連載「今さら聞けないSNS用語集」から、いくつか気になる単語をピックアップして紹介していきます。一見すると分かりにくい言葉ばかりですが、一体どういう意味なのでしょうか。

【tkmkはどんな意味?】

●「tkmk」は何の略?

 若者、特に女子高生がSNSでよく使う言葉に「tkmk」というものがあります。どういう意味か知っていますか。

 tkmkは、「ときめき」をローマ字で表記した「tokimeki」から子音を抜き出して繋げたものです。「○○にtkmk」のように使います。ちなみにこのtkmkですが、比較的軽めの意味で使うことが多いようで、ちょっとかわいいものを見かけたときなどに使う人もいます。

●「メンディー」って何?

 SNSで若者がよく使う「メンディー」という言葉。聞いたことすらない人もいるでしょうが、どんな意味か分かるでしょうか。

 正解は「面倒くさい」です。「面倒」が「めんどい」になり、それがさらに「めんどぃ」となって、最終的に「メンディー」になりました。それには女子中高生に人気のEXILEメンバーである関口メンディーも関係しているようです。

●「KSNM」とは?

 ツイッターなどのSNSでたまに見かける「KSNM」という言葉。スパイ映画なんかで出てくる暗号のようにも見えますが、一体どういう意味なのでしょうか。

 実は「くそ眠い」「くそ眠たい」の略なんです。「Ku・So・Ne・Mui」、それぞれの子音をくっつけて「KSNM」となっています。しかしこのKSNM、略語という割にはいざ口に出してみると、普通に「くそ眠い」と言う方が言いやすいという、略語としてはなんとも微妙な言葉です。SNSで使うにはいいですが、口に出すのには向いていないようです。

最終更新:7月3日(日)6時10分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]